【MRM吃音(どもり)克服法】の特徴と効果

MRM吃音克服法 | MRMプログラムで解消する吃音症

 

中村祥氏の【MRM吃音克服法】を続けてみてください。

 

吃音(どもり)の悩みを克服できます。

 

平均で6週間、重症だと3ヶ月以上かかるかもしれません。

でも、ほとんどの吃音症はMRMで改善するはずです。

 

もちろん、あなたの吃音も克服できるでしょう。

 

MRM吃音克服法の詳細はこちら

 

そもそも、「吃音を克服する」とはどういう事なのか?

 

その意味を勘違いしているために、
いつまでたっても吃音の悩みを解消できない人が非常に多いのです。

 

そこで、「吃音を克服する」という意味を
最初にハッキリさせておきましょう。

 

吃音の原因は医学的にきちんとわかっていません。
だから、吃音は治らないと主張する人々がいます。

 

しかし、彼らが言っている「治る」と、
「吃音を克服する」の「克服する」は意味が違います。

 

吃音は医学的な治療法が確立されていないので、
医者が投薬や手術などによってスパッと治すことはできません。
これは事実です。

 

でも、吃音のことなんかほとんど忘れて暮らしている
(元)吃音者も少なからずいます。

 

忘れているくらいだから、ほとんどどもりません。
時々どもったとしても、特に気にしません。

 

つまり、

○ 吃音者であることを忘れているから、どもらない

○ どもらないから、吃音者であることを忘れている

という「良い循環」に入ることができた人たちです。

 

このような状態が「吃音を克服した」状態なのです。
医学的にどうこうした結果ではないので、医者や病院は関係ありません。

 

医者のお世話にならなくても、日常生活に全く支障ないレベルまで、
吃音を意識しなくてもすむようになれるのです。

 

とはいえ、「吃音者であることを忘れればいいんだ」というほど、
簡単ではありません。意志の力だけで忘れる事は極めて困難です。

 

そこで必要になるのが、MRM吃音(どもり)克服プログラムのような、
「脇道から吃音解消を図るアプローチ」です。

 

夜寝れないとき、「早く寝なきゃ」って考えると、余計眠れませんよね。
これが、どもりの症状を抑え込もうとしている吃音者の姿です。

 

でも発想を変えて、興味の無い、退屈極まりない本を読み始めると、
ほどなくグーグーといびきが...

 

これが、中村氏【MRM吃音克服法】のアプローチ(のたとえ)です。

 

吃音で悩んでいる方は、症状を抑え込もうとするのではなく、
まず発想を変えてください。

 

具体的な方法はMRMで全てわかります。

 

MRM吃音克服法の詳細はこちら

 

【MRM吃音(どもり)克服法】なら、標準6週間のプログラムで吃音は解消します。【MRM】は中村祥さんが重度の「どもり」を改善する体験のなかで確立した、再現性の高い方法です。

 

早坂式吃音改善術:吃音者だと分からない“どもり方”

ザ・シークレットサブリミナルCD 【夢を叶える方法】