【MRM吃音(どもり)克服法】の特徴と効果

劣等感は吃音を悪化させる

 

吃音を隠そうとすればするほど、

 

どもりの症状はひどくなる!

 

吃音の人が、「吃音者であることを人に知られたくない」とか、
「どもるのを聞かれるのは恥ずかしい」と思ったり、
「どもったらどうしようかと不安」に感じるのは、自然なことです。

 

ただ、吃音に劣等感の様なものを感じ、隠そうとするのは、
吃音の症状を悪化させてしまうことも覚えておいた方がよいです。

 

吃音に劣等感を感じて隠そうとするということは、
頭の中に「吃音者である自分」、「どもっている私」をイメージします。

 

これは、どうしてもイメージしてしまいます。
本当はそれを打ち消したいのですが、
イメージとしては「吃音者である自分」です。

 

すると、潜在意識は「私はどもるんだ」とプログラムされちゃうんですね。
吃音を隠そうとすればするほど、このプログラムが強力になります。

 

ですから、吃音を隠そうという発想を変えることが大事なのですが...

 

さんざん悩んでいることなので、
恥ずかしいという感情はそう簡単に変えられないですよね。

 

そこで、【MRM吃音(どもり)克服法】のアプローチが役立ちます。

 

実践してしばらくすると、
恥ずかしいという感情が弱くなっているのに気付きます。

 

すると、隠そうとする意識がなくなってくるので、
「吃音者である自分」をイメージすることがめっきり少なくなります。

 

そうなればしめたもの。
吃音改善へのよいサイクルが始まったのです。

 

MRM吃音克服法の詳細はこちら

 

 

【MRM吃音(どもり)克服法】なら、標準6週間のプログラムで吃音は解消します。まずは【MRM】で、吃音の劣等感から解放されましょう。そこから吃音改善が始まります。

 

 

 

Comments are currently closed.